読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイレージトラベラー

マイレージ・クレジットカード・航空情報配信の陸マイラーのためのブログ

離島へ旅行される方はユナイテッド航空(UA)のマイルどうですか?利尻・対馬・五島福江など

マイル 旅行

f:id:takeka:20160422232815j:plain

最近ANAのマイルが貯めやすくなっていることと、相次いだ改悪で一時より貯めている人が少なくなっていると思われるユナイテッド航空(UA)のマイルですが、ANAを利用した国内線に限ればまだまだ使えるプログラムなんです。

使い方によっては本家のANAよりもお得な使い方もありますので、一部紹介したいと思います。

ユナイテッド航空のマイレージおさらい

UAのマイルを使ったANA国内線のチャートは

片道の飛距離800マイル以下は片道5000マイル・往復10000マイル

801マイル以上は片道8000マイル・往復16000マイル

 

というルールになっています。


往復の場合に出発地と目的地の2回オープジョーができ、目的地以外に1回だけ24時間以上のストップオーバーが可能です。

ただし800マイル以下の時は往復でもストップオーバーは不可となります。

ANAと最も異なる点は乗り継ぎが可能ということです。

例えば札幌から大阪へ行くときにANAのマイレージだと直行便しか使えませんが、UAだと札幌ー羽田ー伊丹という使い方が可能になります。

 

東京からでも10000マイルでこんな離島へ

 このブログを見ていただいてる方は関東の方が多いので、羽田ベースで考えますと那覇、宮古、石垣などは800マイルを超えますが、札幌や函館などは800マイル以内ですので往復10000マイルで利用可能です。

大阪からですと那覇まで800マイル以内で収まりますので往復10000マイルです。

さらにUAだと乗り継ぎが可能ですので、利尻や対馬や五島福江などの離島へも往復10000マイルで行くことが可能になるんです。

 利尻なんかだと羽田ー札幌ー利尻で可能ですし、対馬へは羽田ー福岡ー対馬で可能です。

札幌ー利尻や福岡-対馬も自腹で払うと往復で結構な金額になるので、UAマイルでお得に離島めぐりというのも良い使い方かなと思います。

 こういう離島はLCCを使って安く行くのも難しいですし、なかなか行く機会が少ない所なので、地方の活性化も兼ねてUAマイルを貯めてみるのもいいかもですよ。

 

UAマイルならこんな使い方も

とにかく飛行機に長く乗りたいという方なら

稚内→羽田→那覇→石垣で往復をしても16000マイルで可能です。

もしくは離島から離島へ

利尻→札幌→那覇→宮古なんていうこともできちゃいます。

しかもストップオーバーありですので、途中札幌で那覇で羽田で滞在なんてことも可能です。そう考えると無限に可能性は広がりそうですね。

 

UAの注意点も

ANAやJALと異なって変更やキャンセルの費用が多くかかることになっていますので、その点は要注意です。

キャンセルや変更代金は以下の通りです。

 

20日以内で緊急発券手数料で75ドル、

21日以上前の日程や便の変更で75ドル、

21日以内の変更や発着地の変更100ドル

キャンセルで200ドル

上級会員になると免除される項目もありますが、上記は平会員の金額です。

要するに

・21日以上前に予約はする。

・予約をしたらキャンセルはしない

ということですね。

マイルは貯めるのもそうですが、使う方も奥が深いですね。

また面白そうなマイルの使い方があれば紹介したいと思います。

takeka.hatenablog.com

takeka.hatenablog.com

takeka.hatenablog.com