読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイレージトラベラー

マイレージ・クレジットカード・航空情報配信の陸マイラーのためのブログ

ブリティッシュエアウェイズ(BA)のヨーロッパ・オーストラリア・アジアでのお得な使い方

マイル 旅行

f:id:takeka:20160316222849j:plain

今日もブリティッシュエアウェイズ(以下BA)の話題になります。おとといから3連発になりますが、よろしければお付き合いください。

ヨーロッパ内の海外への移動って意外に高いんですよね。

LCCなら激安路線もありますが、そういう路線はかなり前から予約しないと高かったり、空港が地方の空港で遠かったり、時間が悪かったり、遅延があるので乗り継ぎには怖くて使えなかったりと、こういうのはLCCあるあるですよね。

BAやルフトハンザなんかを普通に直前に予約しようとすると「こんなに近いのに?」とびっくりするような金額の時もあるんです。

そんな時にBAが非常に役立つんですね。

takeka.hatenablog.com

takeka.hatenablog.com

 ヨーロッパ内は?

BAの拠点はロンドンですので、ロンドンからですと片道4500マイルでプラハやフランクフルト、ミュンヘン、パリ、ニース、アムステルダム、ブリュッセル、ミラノ、コペンハーゲンあたりまで行くことが可能です。

イギリス内でも、エジンバラまで行くことが可能ですので、イギリスを拠点とした旅行でもかなり節約できそうですよね。

なにせイギリスは物価が高いですから、当然移動の費用もかさみます。こういうところでぜひ節約したいものです。

あとは同じワンワールドですからイベリアスペイン航空でも利用可能です。

スペイン国内線でしたらすべて可能で、あとはマドリードからモロッコのカサブランカまで行くことが可能です。

日本からも直行便が出ているヘルシンキからだと、フィンランド航空でオスロ、ストックホルム、サンクトペテルブルク、モスクワあたりまで行くことが可能です。

オセアニア・アジアでは?

ワンワールドということでカンタスのオーストラリアならシドニーからメルボルンあたりでも片道4500マイルで行けますので、重宝しそうです。

アジア内でしたらキャセイがワンワールドですので香港からでしたら台北はもちろんハノイ・ダナンまで可能です。

同じくワンワールドのマレーシア航空でしたらクアラルンプールからプーケット、ホーチミンや、プノンペンまで可能です。

まとめ

どうでしょうか?

主要な都市を書き出してみましたが、ワンワールドを使ってかなりの都市へ4500マイルで行くことができる事がおわかりかと思います。

これらがすべて片道でも当日予約でも可能で、直前キャンセルまでOKなんですから、使わない手はないですよね?

乗継便で結構費用がかさむのはよくあることですから、ぜひ日ごろからBAを貯めておいて、いざという時に節約してみてください。

BAの貯め方についてはリンクに記載していますので、そちらを参考にどうぞ。