読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイレージトラベラー

マイレージ・クレジットカード・航空情報配信の陸マイラーのためのブログ

アラスカ航空のマイルをJAL特典に交換がお得です・ファーストクラス往復で3万マイルは驚きです

f:id:takeka:20161213004146j:plain

最近なかなかブログが更新できませんで・・・。

色々と書きたいことはあるんですが、ちょっとだけ言い訳しちゃいますと、

まず先月に子供が生まれまして、上の子の世話やらで毎日てんやわんやの上に、なぜかこのくそ忙しい時期にマンションの購入という人生の超重要事項も同時に重なり、さらに毎年ながら前半戦サボってる確定申告の準備も年内にはしないといけないやらで、なかなかブログの更新まで行きつきませんでした。

マンションの購入がひと段落したことと確定申告の準備も目途がつきまして、まだまだ通常営業ではありませんが、なんとか時間が取れていきそうな感じになりましたので、また随時ブログも更新していきたいと思います。

マンションの購入は初めてだったわけですが、人生最大の買い物で色々気づきもありましたので、そのあたりは別途ブログで伝えてみたいなと思っています。

人生最大の買い物とはいうものの今のところマンションの購入でマイルが貯まる場面には遭遇出来ていないのは残念なところではありますが・・・。 

 

さて1か月ほどちらっとしかマイル情報に目を通していませんとすっかり浦島太郎状態になったわけですが、その中でもアラスカ航空のJAL特典の情報は驚きの発見ですね。

すでに多くの方がブログでも取り上げていると思いますので、詳細の説明までは不要かなと思いますが、いくつか気づいた点を個人的に補足したいと思います。

 

 

まずアラスカ航空のJALアワードチャートですがアジアーアジアの部分が片道利用でビジネスクラスで25000マイル・ファーストクラスで3万マイルとなっています。

JALを使ってのアジアーアジアですから当然日本を絡ませないと行くことができません。ちなみにアラスカ航空のいうアジアはざっくり東アジアと東南アジアのようです。

f:id:takeka:20161213003108j:plain

よって必然的に成田・もしくは羽田を使うことになるわけですが(ビジネスクラスなら関空ーバンコクも利用可)、このアラスカ航空のお得なところは片道でもストップオーバーが可能で、そのストップオーバーはどんな遠回りになっても同じ国に戻らなければ利用可能という点です。

ファーストクラスを例に取るとJAL東南アジア路線でファーストクラスがあるのがジャカルタとシンガポールのみですのでこの2点で考えると、

ジャカルター東京(ストップーオーバー)ーシンガポール(目的地)

のすべてのルートをJALで予約すると上記ルートが片道と判断され3万マイルで予約が可能という偽往復ルートで発券が可能になるわけです。

逆に日本発にしてしまうとJALだと必然的に東京発・東京着になりますので、片道では同じ国に戻っていけないとルールに抵触してしまい片道での利用は不可能となります(往復で発券する分には問題ありません)

よって片道で偽往復ルートを作る時は必ず海外発にしないといけないわけです。

この場合もちろんジャカルターシンガポール間は自腹で購入しないといけませんし、行きのジャカルタorシンガポールまでと帰りのシンガポールorジャカルタから東京までは自力で確保しないといけないわけですが、そこは他社のマイルを使うなり、LCCで購入するなりすればわずか3万マイルででJALのファーストクラスを往復味わえる計算となります。

 

アラスカ航空なんてマイル貯めてないしアラスカ行かないから貯まらないよって嘆きはごもっともなことですが、手っ取り早くはSPGのポイントを貯めて移行してしまうのが早いかなと思います。

地道に数年かけてマイルを貯めても情報が出回って利用者が多くなると改悪になるのが世の常ですので、日程と空席の確認が出来てからポイントが移行できるという点で考えてもSPGからの移行が一番安全です。

マイルやポイントは貯める事が目的ではなくて使う事が目的ですから、利息が付くわけではありませんし、貯まったマイルは早めにバンバン使いましょう。

SPGポイントですが、下記リンクからの紹介からですとSPGアメックス入会後3か月以内10万円利用でSPG17000ポイントが入りますのでアラスカ航空の3万マイルもそれほど難しくないと思いますよ。

2万ポイントをマイルに変えれば2万5千マイルになりますので、かなりハードルが低くなります。

カード利用でも実質100円=1.25マイル貯まる計算になりますので、私のメインカードです。

よろしければリンクからどうぞ。

またアラスカ航空については他に気になるルートもありますので、別途紹介したいと思います。

今日はこのあたりで。

amex.jp

takeka.hatenablog.com

takeka.hatenablog.com 

takeka.hatenablog.com

takeka.hatenablog.com