読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイレージトラベラー

マイレージ・クレジットカード・航空情報配信の陸マイラーのためのブログ

夏休みや年末年始にマイル(特典航空券)の枠を予約する方法・その2

マイル 新規就航

 

f:id:takeka:20160209111752j:plain

 

前回 夏休みや年末年始にマイル(特典航空券)の枠を予約する方法・その1をまとめたのですが、今回はその2ということで前回書ききれなかった繁忙期に特典航空券を取る方法を追記したいと思います。

もしその1を未読でしたら下のリンクから一読してみてください。

 

takeka.hatenablog.com

 

 

①新規就航路線を狙え

 

はっきり言いましてこの方法が最も繁忙期に特典航空券、特にビジネスクラス・ファーストクラスなど一般会員では非常に取ることの難しい座席を確保できる方法です。

 

私も過去に何度もこの方法で正月やお盆・GWの特典航空券を確保したことがあります。

成田ーニューヨーク線・関西ーロサンゼルス線・成田ーサンノゼ線などを確保しました。最近では確認しただけでもANAのニューヨーク線(ダブルデイリーへ変更)、ハワイ線(ダブルデイリーへ変更)、シドニー線、ヒューストン線など新規就航路線が出た時にはほぼすべての日程で取り放題です。

新規就航路線は突然にやってきます。

日経新聞などで数日前にフライングされることもありますが、原則トップシークレットですから事前に漏れることはあまりありません。

 

 

発表されると概ね数日で航空券が販売されます、通常そのタイミングで特典航空券も解放されます。まれに発表と同時に特典枠が開放されることもありますし数か月後ということもあります。

その時点では座席を確保するのに上級会員(ダイヤモンド会員など)の区別は予約はありませんし、当然空席待ちもいませんので、まさに入れ食い状態です。

GWでもお盆でもお正月でも好きな日程で複数名取ることができます。

 

この際の注意点は新規就航は突然発表され突然特典枠が開放されますので常に必要マイル数を確保しておく必要があります。

私もそうですがカードのポイントなどを必要な時に移行する際に、早くても数日はかかります。

いくら入れ食い状態といっても、繁忙期の座席は数日以内になくなります。

ですので、カード会社からマイルに移行された時には希望の座席はなくなっているということのないように、どこかに行きたいなという希望があれば常に必要マイル数をストックしておくようにしてください。

 

次に情報収集は常に行ってください。日経新聞や下記のflyteamニュースなどで情報を発信してくれますので出遅れないように確認が必要です。

出遅れは致命的になります。

flyteam.jp

 

最近はANAが新規就航に積極的ですし、2016年もいくつかの新規就航が予測されています。JALもそろそろ破たんの縛りが解けて首都圏からの新規就航が可能になります。

また今年の日米航空協議の結果次第では突然羽田からの枠が開放される可能性もあります。

先日の日経新聞の記事ではANAがA380を2019年にハワイへ飛ばす予定とのことです。

ハワイの繁忙期はほぼ取ることができませんが、新規就航ならばとれる可能性が飛躍的に上がります。まだ先の話ですがそれまでにぜひマイルを貯めておきましょう。

 

 

②インターネットで予約できない航空会社を狙え

 

JALもANAもインターネットでは予約ができない航空会社が存在します。

特にJALはインターネットで予約できる航空会社の方が少なく、非常に使い勝手が悪いのが現状です。

ただ使い勝手が悪いのは自分だけでなく、全員に平等です。

インターネットなら気軽に確認できるものでも、電話で空席を確認するとなると、非常に面倒なものです。会社員なら平日にいつつながるかわからない電話をするのはつらいですよね。

ですので、そういう航空会社は繁忙期でも結構席が余っていたります。

ANAならマカオ航空やエティハド航空などがインターネットでは取ることができません。

JALならカンタス・アメリカン・キャセイ・エールフランス・ブリティッシュ以外は全てインターネットでは取ることができません。

 「JALもANAも全部満席だなー、でもマイルの期限もあるしどこかないかなー」というときはぜひJALかANAに電話して希望日程でどこか日本発の提携航空会社で余っている席がないか相談してみてください。

美人の(←たぶん)オペレーターが親切に教えてくれますし、美人と(←たぶん)と楽しく話ができるので一石二鳥です。

 

 1.2も共通することですが、希望の場所にうまく当たらない可能性もあるかもしれません。特に新規就航路線は読めません。

ただ何を優先して何が後回しにすべきなのかをよく考えましょう。

有給がいつでも取れて、家族でいつでも旅行に行ける人ならば、ニューヨークでもハワイでも閑散期の空いている座席をいつでも確保できるでしょう。

でも、ほとんどの会社員は長期の休みは年末年始かお盆前後とGWくらいですよね?

子供がいれば子供の学校の休みも考えないといけませんからなおさらですね。

 

マイルの期限もあるので、どこかへ行こうかなというときには、希望の場所でなくても座席が空いたところへ行くという姿勢が非常に大事です。

神様の導き(大袈裟かな)と思って、新たな場所へチャレンジしてみてください。

新しい発見があるかもしれませんよ。

 

かくいう私も、これまではオーストラリアには正直まったく興味がなかったのですが、一度行ってみようかなと思っています。

理由は最近航空会社のマイル必要数がどんどん増えているのですが、なぜか共通してオセアニア地区へは比較的お得なマイル数で行けるんですよね。

自腹では絶対に行かない地域でもお得なら行ってみようというのもマイルの楽しみだと

思います。

 

ぜひ参考にしてください。